無想庵コラムCOLUMN

器用と不器用

器用と不器用

 竹の茶杓にもいろいろある。が、竹であるからは多少の寸法なり節の有る無しなり差はあっても、軽さ長さ細さ、そこそこ似たり寄ったりである。ところが、その細くて長くて軽い竹の茶杓をとって扱って用いる段になると、人それぞれの「手」が生かしも殺しもするのは、こわい程だ。

 細くて長くて軽いものを、いかにもそれらしく美しく使うことが、こうまで難しいかとあきれる程人さまざまである。扱う方法は知っているが、茶杓と手・指の姿や力とが「つろく」しない。「しっくり」馴染まない。ひどい場合は、握ってしまう。つい「もっちゃり」と、いきなり持ってしまう。

 「はい、お茶杓とって・・・」

 「柄杓を右でとって、左で扱って・・・」

 いきなり「持つ」のではなく、まず「とる」と云う手順がある。たとえば茶杓を右で「とり」膝にあずけて、左で棗を「とる」と云う手続きの際に、まずはほそ長い茶杓のどの位置を、どの指のどの辺を使って「とり」、そして手を膝にあずけるか。それは、あとへ続く所作、すなわち茶杓を扱い、その手で棗の蓋をとり、また茶杓をとり直して棗の茶を掬うといった一連の手続きを、「手」がよく心得ていないと正解の出ない選択になる。

 最初に、へたに茶杓の端っこへ手をかけようものなら、膝へあずけた時茶杓は仰向きに突っ立つ。左手に棗を持ったあとの右の茶杓の扱いも難儀かつ醜くなって、あわやとり落すまいと五本の指を醜く動員し、細い茶杓をぶこつに握りしめねばならぬハメになる。

 これが茶碗となると、形もいろいろ、重さもいろいろ。その「いろいろ」に応じて、どんな茶碗でも落ち着いて「とり」「扱い」「持ち直す」には、その心持ち、心入れがまた「いろいろ」に的確でなくては済まぬ道理。だが、それが容易ではない。

 平茶碗でも、筒茶碗でも、それぞれに応じて心して手を出すと云う事をしない。ただ、茶碗を「持つ」のだとしか考えない。だから、軽いものを鷲掴みにしたり、重いものを指さきで粗相につまんだりする。見ていてはらはらする。

 「器用」「不器用」とは、うまいことを、云ったものだ。茶の湯の作法とは、ともあれ沢山な道具を用いる事が出来る人が器用と上手な人である。ぶざまに危なっかしくしか使えない人は、用するに不器用な下手な人である。

 なぜ器用と不器用とが分れるか。もの覚えの良し悪しできまるのではない。むしろ本質的な意味での「手順」「手続き」が秘めた必然と自然とを、うまく手や体で呑み込めない人が多いと云うに過ぎない。平点前で、じっくりその辺を覚えたい。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。