無想庵コラムCOLUMN

お茶の用語辞典(た行)

お茶の用語辞典(た行)

・出し 帛 紗(だしふくさ)… 出帛紗は点前帛紗とほぼ同サイズで1/4に折って懐中する(懐に入れておく)。 濃茶の飲みまわしや道具の拝見のときなどに使い、布地(裂(きれと言います))の種類や柄(意匠)も様々。 裏千家では主に古帛紗を使います。

・点て出し(たてだし)…大寄せの茶会などお客様の人数が多いとき、水屋でお茶を点て、お運びをする人が一碗ずつ運ぶ。席中でお点前さんが点てるのでなく、水屋で点てたお茶を点て出しという。

・棚(たな)…お茶席の点前座に置いてある木製の家具。棚の種類も大きさも多種多様。季節や趣向によって使い分ける。下の段に水差、上の段に薄茶器を置く。
溜精棚(りゅうせいだな)という裏千家で使われるお棚は、お家元で使っていた柄杓の柄で作るので、本物は数量限定で大変貴重なものです。大概は写し(うつし)といって真似た物が売られているようです。(別に違法商品というわけではありません。意匠の問題だと思います。)

・たれ…帯の手先と反対側の端のこと。

・茶入(ちゃいれ)…濃茶を入れる茶器のこと。大別すると唐物、和物などがある。唐物は主に中国で作られた陶器のものを言い、歴史のあるものは大変貴重。和物は日本製。瀬戸や萩など産地の名前なら聞いたことがあると思います。形も豊富で、拝見を所望し、問答をするのが茶会の楽しみ。茶碗と並んで超高価なものも多いです。

・茶巾(ちゃきん)… 茶碗をふく白い布です。麻布が多く用いられ、流儀や用途により大きさが異なります。

・茶筅(ちゃせん)…竹から作られる、抹茶を点てる唯一の道具。別の記事で茶筅作りの特集があります。

・茶杓(ちゃしゃく)…抹茶を掬う道具。竹を削り出して作るものが一般的。象牙や木製のものもある。(現在では象牙はワシントン条約に抵触する?)茶杓の形は節の位置や櫂先の形など微妙に違い、お家元の好みでそれぞれ特徴がある。

・次礼(つぎれい)…お客さん同士で次の人に「お先に」と挨拶をすること。

・詰(つめ)…お客さんの中の一番最後の人。茶碗を返したり、縁高を預かったりと色々と役割があるので知識が必要。

・手先(てさき)…帯の端を縦に二つ折りにする部分。

随時、更新していきます。分らないことばがあればリクエストにお答えいたします。

リクエスト方法は、意味の知りたいことばを書いて、info@musouan.orgまでEメールをお送り下さい。早急に調べてことばの説明に掲載してまいります。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。