無想庵コラムCOLUMN

お茶の用語辞典(か行)

お茶の用語辞典(か行)

か行

・懐紙(かいし)…お菓子をいただくときにお皿代わりに使う白い和紙。茶碗など拝見するときに残ったお茶を清める時にも使う。着物では懐に古帛紗と帛紗とともに懐中にしのばせる。洋服の場合は、帛紗挟み(ふくさばさみ)というポーチのような入れ物に菓子切りとともに入れて持ち歩く。使うのは数枚だが束で一帖(いちじょう)丸ごと持ち歩く。

・菓子器(かしき)… 菓子を入れる器。大きく分けて主菓子器と干菓子器がある。主菓子器にはお重のような縁高や菓子碗など沢山の種類がある。干菓子器の素材は杉や真塗など、形は四方盆、若狭盆などいろいろある。

・会記(かいき)… 道具の取合せやお菓子、花などが順に書かれているメニューのようなもので、演劇に例えるなら台本でしょうか?

dav

大寄せのお茶会に行くと、待合の床に置かれています。

その茶会の記録にもなります。昔は「茶の湯日記」とも呼ばれていたそうです。

本来は、亭主の備忘録のようなものですから、お客様に見せることはしませんでした。

しかし、茶席で道具のお話をされても、なかなか一回では覚え切れませんよね。

又お客様の側でも、会記を書き写すことで、道具の名称を覚えたり、その道具の取合せに、亭主の心使いを感じられるようになります。

歴史的にも有名な茶会記として、次の3つはよく出てきます。

『松屋会記』…室町時代の後期から江戸時代前半までの117年もの長い間、奈良の豪商でもあり、塗師でもあった松屋久政から親子三代に渡って書き継がれてきました。
『天王寺屋会記』…堺の豪商である津田宗及から親子三代に渡る茶会記です。68年間続いた会記です。合わせて16巻になります。
『利休百会期』…利休が最晩年に出席したお茶会の記録。一番最後の記録は1591年の1月に徳川家康を招いています。

・菓子切(かしきり)…楊枝とも言い、7センチ程度で材質はステンレス製など様々。主菓子を食べるときに使い、ナイフ&フォークの役目。黒文字が主菓子についてない場合に自分のものを使う。懐紙と共に常に持ち歩く。

跪座(きざ) …正座した状態で両足のつま先を立てること。弓道などの控えの姿勢にみられる。足が痺れない正座姿勢。茶道では立ち上がるときに一旦取る姿勢。

・黒文字(くろもじ)…黒文字という木から削り出されたお箸のような楊枝。縁高でお菓子が出されるときは一人1本ついてくる。菓子碗などで出されるときは2本ついていることが多く、お箸のように使って自分の懐紙に取り分けるために使う。この時は、菓子切りを使っていただきます。どちらも懐紙をお皿代わりにして取り分ける。

・建水(けんすい)…点前の際、湯水を捨てる器。木地曲げと言われる木地や、陶磁器製、古銅製、漆器など材質も形も多種多様。
エフゴ建水と呼ばれるものは、漁師が釣りをするときの餌いれを利休が見立てたと言われています。

・高台(こうだい)…茶碗の底についている台のような部分。高いものや低いものなどいろいろ。

・小茶巾(こちゃきん)… 裏千家では濃茶を飲んだ後の茶碗を清めるために用いられる小さな白い麻の布のこと。不織布製のものもあり紙小茶巾と言う。使い捨てなので便利。

・古帛紗(こぶくさ)裏千家だけのもの。濃茶の飲みまわしや道具の拝見のときなどに使う。布地(裂(きれと言います))の種類や柄(意匠)も様々。名物裂(めいぶつぎれ)で作られることも多い。普通の帛紗より小さく15センチ四方程度の大きさ。他流派では出し帛紗を使う。

随時、更新していきます。分らないことばがあればリクエストにお答えいたします。

リクエスト方法は、意味の知りたいことばを書いて、info@musouan.orgまでEメールをお送り下さい。早急に調べてことばの説明に掲載してまいります。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。