無想庵コラムCOLUMN

お茶の用語辞典(は行)

お茶の用語辞典(は行)

・蓋置(ふたおき)…素材としては金属、陶磁器類、木、竹などのものがあり、見立てて転用したものも多く、形は多種多様です。

竹の蓋置は、風炉用は炉用のものより少し小振りです。 竹の蓋置がお点前の写真では良く見かけるので、皆さんにも一番イメージしやすい蓋置かと思います。ただし、使っていい時には決まりがあって、運び点前をする時や小間で 点前をする時(要するに棚が無い時)に 用います。

写の蓋置には、炉・風炉の別があり、風炉用は「天節」(てんぶし)といい上端に節があり、炉用は「中節」(なかぶし)といい節が真中よりすこし上にあります。節に小さな空気抜の穴をあけています。

右上から時計回りに、火舎・三人形・さざえ・蟹・五徳・ 一閑人 ・三つ葉

竹の蓋置以外で有名なものとして千利休が選んだとされる「七種蓋置」(しちしゅふたおき)があります。

「火舎(ほや)」…火舎のついた小さな香炉を蓋置に見立てたもの。七種の中でも格が最上位の蓋置とされています。必ず共蓋がついていて、釜の蓋や柄杓を置くときは共蓋を裏返して使います。
火舎についている爪が奇数の時はひとつを前にして、偶数の時は2つを前にして飾ります。

「五徳(ごとく)」…五徳を模したもので、輪に三本の柱が立ち、その先端が内側に曲がり爪状になっているもの。格が二番目に高い蓋置とされています。一般に風炉や炉に五徳を使っていない時に用いるのがよいとされているそうです。

「一閑人(いっかんじん)」…井筒形の側に井戸を覗き込むような姿の人形がついたもの。

「三人形(みつにんぎょう)」…三人の唐子が外向きに手をつなぎ輪になった形のもの。一般に3人のうち1人が他と違った服装をしており、これを正面にします。

「栄螺(さざえ)」 「蟹(かに)」 「三つ葉(みつば)」 …説明省略。

・縁高(ふちだか)…お重に似た5段の菓子器。詳しくは菓子器の項で。

・縁(へり)…畳の縁。黒や茶などの布が張ってある。畳の長い方が縁。畳を踏んではいけないと言われる理由は縁に家紋などの柄を入れている場合、それを踏むということは先祖を軽く扱うことになることから来たそうでう。また単純に縁は傷みやすいので大事に使うため踏まないようにしたとか。現代では気にするほどの理由ではないですが、既に常識となっているマナーですので縁は踏まないように意識はいたしましょう。ただし、気にしすぎて下ばかり見て歩くのは変なので、できるだけ踏まないという意識で充分です。同様にどちらの足で縁を跨ぐかについてもそういうマナー決まりごとがあるというだけでも覚えておきましょう。

随時、更新していきます。分らないことばがあればメールでリクエストお願いいたします。

リクエスト方法は、意味の知りたいことばを書いて、info@musouan.orgまでEメールを送って下さい。早急に調べてことばの説明に掲載していきます。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。