無想庵コラムCOLUMN

五月の掛け物

No Image

薫風自南来

くんぷう みなみよりきたる

薫風自南来、殿閣生微涼 という対句になっている。 『東坡集(とうばしゅう)』という書物に書かれている禅語。

(くんぷう みなみよりきたり、でんかくびりょうをしょうず)と読みます。

どういう情景かというと、

春になって、南方からかぐわしい風が吹いてくると、楼閣の部屋と言う部屋が、さわやかな感じになる模様を表現していると思われます。

また一説にはインドから中国に禅を伝えられた達磨大師に薫風を重ね合わせる解釈もあるようです。

3番目の『自』を『より』と読むところがミソです。長い間、おのずと と読んでいましたが、間違いでした。

また薫風と言うのは初夏の爽やかな風のことをいいます。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。