無想庵コラムCOLUMN

下萌 2月の銘

No Image

下萌(したもえ)

これは、冬枯れの地面から草の芽が顔をのぞかせる様子をいいます。

意味を解説しますと、

まだまだ外気は冷たいが、草はいち早く春の気配を感じ取って、萌え出る。

寒さに身も心もかじかんでいた人間も、立春が過ぎるあたりから、なんとなく背筋が伸びるような気分になって来る。

そういう春の感じを象徴的に表すのが「下萌」という季語です。

俳句や連歌にもよく出てくる題材で、有名な句としては 星野立子の

下萌えぬ人間それに従ひぬ』という句。

星野立子という人は、有名な俳人である高浜虚子の次女だそうで、虚子は「ホトトギス」を長男の高浜年尾に継がせましたが、俳人としての天稟(才能)は、この立子にありとしていたようです。

『水牛歳時記』

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。