無想庵コラムCOLUMN

水月 八月の銘

水月 八月の銘

水月(すいげつ)

水月とは文字通り、水面に映る月影のこと。またそこから転じて、万物には実体がなく、空虚であることのたとえにも用いられています。

照る月も影水底に映りけり似たる物なき恋もするかな(中宮内侍)

照る月も、影が水底に映り、水の様子によって変わるのである。似ることのない人それぞれの恋であるなあといった感じの意味でしょうか。

左;水月、右;夕さり

京都の有名な和菓子屋さん末富さんのお菓子でこの水月という銘の菓子があります。
銘は、水にうつる月の意で、水面に光る月そのものを、寒天を煮溶かし、砂糖で甘みを、くちなしの実で色をつけて作った琥珀製のお菓子です。
末富さんの菓子の代表作だそうです。(末富さんは超有名なので他の菓子も代表的なものが多いです。お菓子の御製を聞かれたら末富と言えば格がだいぶ上がります(笑))

夕さり

夕さり  ゆふされば 螢よりけに もゆれども ひかりみねばや 人のつれなき   紀友則(古今和歌集)


こちらは黒砂糖を混ぜた砂糖を煮溶かしたところに寒天を入れ、金箔を散らした、
漆黒の闇に浮かび揺れる螢の輝きの美しさを表現したお菓子だそうです。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。