無想庵コラムCOLUMN

石清水 六月の銘

石清水 六月の銘

岩清水とは、自然に岩の陰から湧き出る水、湛えられた水、流れる水のことを差したり、清らかな地下から湧き出る水のことをいいます。 何とも涼しげな感じですね。俳句の季語にもなっている言葉です。

六月にもなると段々と暑くなり、また湿気で蒸したりと過ごしにくい季節になってきます。茶席でも涼を求めて、平茶碗やガラス製の茶碗などの道具を使い、涼しさを演出します。お点前も洗い茶巾など、水の音をお客様に聞いてもらい、涼しさを感じてもらえる様趣向を凝らします。

季節限定になってしますので、あまり茶杓や茶入などに付けることは少ないと思いますが、和菓子(主菓子)には夏の上菓子として付けられていると思います。通常、銘は和菓子屋のご主人が付けるか、注文をした亭主がこういうイメージで作ってと銘付けてお願いするかのどちらかですが、今回はネットで石清水の銘で作っていらっしゃるところがないか探してみました。

兵庫県三木市の和洋御菓子「明月堂」 さんというお店で→写真の商品

買い求めたことがまだないので、大きさも味もまだわかりませんが、160円だそうです。表層は葛を使われていると思いますが、夏の上菓子はやはり葛が主流でしょうか。

コメントを残す

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のフォームよりお気軽に投稿ください。